学術出版の技術変遷論考 -活版からDTPまで-

学術出版の技術変遷論考 -活版からDTPまで-
中西秀彦 著 
2011年12月28日 印刷学会出版部刊 
A5上製 452ページ
ISBN978-4-87085-205-1
6800円+税
本人コメント 『活字が消えた日』以来、私の最大のテーマであり続ける印刷の電子化について、徹底的に実証研究を行いました。学術論文のかたちで書いていますので、今までの著作に比べて、すこし読みにくいかもしれませんが、電子化とその意味について、私の現在の能力の限界まで追求、考察しました。

目次

序章 本書の目的と構成

第1章 学術印刷の変遷

第2章 活版と写植の時代

第3章 電算写植の時代 1

第4章 電算写植の時代 2

第5章 DTPの時代 

第6章 学術出版技術変遷論考

終章 学術出版印刷の新地平

 

学術出版の技術変遷論考 -活版からDTPまで-” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。